.

クレカを使用していると毎月加入カード会社からご利用明細が届きます。それら利用代金明細を見るよう習慣づけていればどの場所で何の品にいくら費やしたのか記録が記載されているため、これまでの使って払った一覧を確認するために非常に容易で便利でもあります。代わりとするのはちょっときびしいに違いませんが便利なおこづかい帳みたいなものにすることもいいアイディアだし支出管理にももってこいです。それから利用明細送られてから普通は半月後に利用代金の振り込みがされるわけです。つまりは手元のクレカご利用明細を見比べてちょっとでも覚えのない場所もし本当に行ったこともない国がリストにあれば、クレジットカード会社に電話をして尋ねればよいというだけです。スキミングによる詐欺などといったユーザー以外による支払いが確認された際にも、カード契約者に何か理由(落ち度)がない時には、大方の場合はカード会社がそういった疑わしい項目を請求しないようにしてくれます。最近ではクレカの利用代金明細を専用ページで照会できるカードが一般的です。どんなサイトでいくら払って利用したか把握しておくようにして不正使用から身を守ることをはじめとして出納帳の代わりとなり預金管理等も一度に足りてしまいます(ホームページで利用履歴を見ることがOKなカードは過去の使用履歴やリボ払い適用の有無などが参照可能です)。カードはこれらの視点からも非常に有益な手立てだと言えます。